東京で税理士を探すのにも役立つ節税と税理士について

>

税理士の概要と税理士の得手不得手

税理士の概要

税理士は税務に関するエキスパート、つまり、税制関連の業務を専門的に扱う職業です。
税理士は国家資格であることから社会的信用性が高く、専門の資格を有していることは、信用の面でも十分なステータスになります。

主な税理士の業務として、納税をはじめとした税制関連業務を請け負う税務代理、税制関連業務上求められる税務書類の作成、税制関連の相談を受ける税務相談などが挙げられるでしょう。

税務代理や税務書類作成、税務相談といった業務が税理士の主な業務となりますが、
これらに加えて税務関連の電子的な手続きが可能な国税電子申告・納税システム、イータックスを利用した電子申告書の代理送信も、税理士の業務の一つになっています。

税理士の得手不得手

税務に関するエキスパートである税理士ですが、資格の取得に際して税務関連業務の全てにおける最低限の知識が求められるものの、就職先や働き方次第で必要となる税制関連の知識に偏りが生じることは、避けようがないことかもしれません。

よって個々の税理士が資格を取得後にどのような形で働いていたかによって、経験を重ねて知識を深めることができる知識もあれば、あまり必要とされない知識も出てくるため、同じ税理士であっても必然的に得手不得手が生じることになります。

もう少しわかりやすく言うなら、税務代理や税務書類作成を得意とする税理士もいれば、税務相談や電子申告書の代理送信を得意とする税理士もいるため、税理士への依頼はその税理士が得意とする業務に応じたものが望ましいといえるでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ