東京で税理士を探すのにも役立つ節税と税理士について

>

東京で節税に詳しい税理士を探すには

節税の概要

節税という言葉を耳にする機会はあっても、実際に節税を行うのは事業者か資産家が主で、一般的には、納税額を減らせる位のイメージしかないのではないでしょうか。

もちろん、節税を行ったことがないのであれば、何となく納税額が減る程度の認識でも、不思議はありません。
今後、節税を試みるつもりがなければ、何となく納税額が減るという認識でも構わないでしょう。

ただ、節税自体は難しいとはいえ、節税の意味はそこまで複雑なものではなく、国ごとの税制制度の範囲内で合法的に納税する税金を減らすというのが、節税の意味するところとなっています。
合法的に納税額を減らす行為は総じて節税に類する行為であるということは、覚えておいても損は無いでしょう。

節税と脱税の違い

基本的に節税は、国に治める税金の納税額を、国ごとの税制制度に則って、減らす行為であり、税制制度に従っている以上、納税額を誤魔化すことはできず、税制制度で定められた、控除や経費計上といった、制度を利用することで、納税額を減らしているに過ぎません。

なお、ニュースなどで、節税以上に耳にする機会が多いであろう脱税も、納める税金を減らす行為ではありますが、脱税の場合、税制制度に反して、納税額を誤魔化す行為であることから、節税とは全く異なった行為であり、単なる違法行為です。

ちなみに、所得税の申告漏れや、経費の計上ミスといった、単なる申告のミスも、厳密には脱税ですが、脱税を意図した悪質なものや、申告のミスを繰り返している場合を除き、修正申告すれば、大抵は脱税とは見做されずに済みます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ